アラサーでも3割が歯周病!口臭、黄ばみには歯磨きだけじゃダメ|女子の流行ちゃんねる がるとれ

アラサーでも3割が歯周病!口臭、黄ばみには歯磨きだけじゃダメ

アラサーでも3割が歯周病!口臭、黄ばみには歯磨きだけじゃダメ
見た目は美人なのに笑ったら口元が残念!と感じることはありませんか。スキンケアは丁寧にしているのに、口腔内のケアは無頓着になっている人が多いのです。

厚生労働省の「平成28年歯科疾患実態調査」によると、歯周病と分類される4mm以上の歯周ポケットを持つ人が、25〜34歳で32.4%、35〜44歳で42.6%、45〜54歳で49.5%と、多くの人が歯周病にかかっているのです。

◆加齢で唾液が減って、口の中がネバネバに

口元美容スペシャリストで、歯科医の石井さとこ先生は、口腔内のお手入れの重要性を説いています。

「お口の中にはおよそ300〜500種類の細菌が住んでいます。

これらは普段あまり悪いことをしませんが、唾液が減ったり、口腔内お手入れが充分でなかったりすると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。これを歯垢(プラーク)と言い、粘着性が強く、うがいをした程度では落ちないのです」(石井先生)

歯垢1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯や歯周病をひき起こします。歯周病は、歯と歯肉の境目の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し、歯肉の辺縁が炎症を帯びて赤くなったり、腫れたりします。

進行すると、その蓄積した歯垢の中に潜む歯周病菌が増え、歯と歯肉の境目の歯周ポケットが深くなり、歯を支える土台が溶けて歯が動くようになってしまいます。

「唾液は非常に重要です。中でも唾液不足が口の中のネバつきを招き、歯周病を進行させ、歯の黄ばみや口臭を寄せつけます。口の中が飲食物などで、酸性に傾くと唾液により中和され、歯にダメージを与える酸から守る力があります。

また、唾液には口内の菌の増殖を防ぐ抗菌作用など口内を健康に保つ作用を持っています」(石井先生)

エイジング(加齢)と共に唾液の量が変化し、特に女性ホルモンに影響して、ストレスなどで口の中が乾きがちになります。また、ダイエットなどをしていると、口の中のバランスも崩れ、骨や歯の健康を保つことが難しいと言われています。

◆口臭予防になる「10秒舌回しエクササイズ」

そこで、サラサラな唾液を分泌させることで口臭予防にもなり、ほうれい線や口角の下がりなども解消する「10秒舌回しエクササイズ」をご紹介!これは1日左右1回でOKです。

1)鼻の下の歯茎に舌を持ってきて前歯の前をこするように、右側から歯茎をなぞるようにゆっくり10秒かけて回してください。

2)1周したら今度は逆に左側に舌を動かす。同じく歯茎をなぞるようにゆっくり10秒かけ鼻の下の歯茎に到達したらゴール。

http://youtu.be/IL-vIM-XDgQ

◆歯垢を取るデンタルフロスは必須です

次に、石井先生に美しい歯を保つデンタルケアの秘訣を学びます。

デンタルケアの強い味方は「デンタルフロス」です。しかし、今まで手に取ったことのない人も多いかもしれません。また、ドラッグストアに行くと種類も豊富だし、どれでも同じかなと購入したけどなんだか使いにくいし、歯の間に上手く入らないから諦めてしまったという声も耳にします。

虫歯や歯周病、口臭は、正しいデンタルケアで予防することができます。天然のデンタルリンスである唾液分泌を促すためにもデンタルケアは正しく、念入りに行いましょう!

「人の歯や口中の状態はそれぞれ違いますから、自分に合ったデンタルフロスを用意してください。

ワックスでコーティングしてあるフロスや、リボンみたいな糸の物などが比較的、馴染みがよく、歯間にスッと入り、スッと抜けやすくなると思います。

そしてフロスを使いこなすポイントは長さです。長めにカットすることが重要です。目安は指から肘よりも少し長めに。奥歯付近は指だけでなく手も使ってフロスしますので長さはマストです。
1 2 次へ

この話題の関連記事一覧

「アラサーでも3割が歯周病!口臭、黄ばみには歯磨きだけじゃダメ」に関連した記事の一覧です。

男性がガッカリする「女性のNGな身だしなみ」ランキング

男性がガッカリする「女性のNGな身だしなみ」ランキング

うだるような暑さの日は、服も髪もメイクも乱れがち。普段なら気をつけるような身だしなみも、ついつい怠ってしまう……なんてことがあるかもしれません。 女性の身だしなみ・エチケットで男性ががっかりするものは何なのか。結婚相手紹介サービスのオーネットが20〜39歳の未婚男女544名(男性277名、女性267名...
夏に気をつけたい!愛する彼に引かれないための体臭対策

夏に気をつけたい!愛する彼に引かれないための体臭対策

網野新花です。 夏は汗や皮脂の量が増える分、体臭が発生しやすい季節だともいわれています。普段はあまり臭いと言われない人でも、夏になると途端に彼に指摘されることも…。 今回は夏に気をつけたい、彼に引かれないための体臭対策を紹介していきます。体臭が気になる人や、人に「臭い」と指摘された人は必読...
女性は歯周病になりやすい!? その理由と口腔内チェックのススメ!

女性は歯周病になりやすい!? その理由と口腔内チェックのススメ!

(全3枚) 女性が歯周病になりやすい理由は、女性ホルモンが関係してるってホント!? ズバリ、本当です!一見何の関係性もないように思える歯周病と女性ホルモンですが、驚くことに女性ホルモンが特定の歯周病菌を増殖させる働きがあるそうです。そのため、女性ホルモンのバランスが崩れやすい時期は特に、歯周...
1日2回でOK!?歯科医師が教える「新ハミガキ習慣」5つ

1日2回でOK!?歯科医師が教える「新ハミガキ習慣」5つ

(全6枚) 6月4日は、「歯と口の健康週間」のスタート日。毎日の歯磨きに気を使っているつもりでも、「本当に正しく歯磨きできているのかな?」と不安に思うこともありますよね。 日本美口協会会長で歯科医師の坂本紗有見先生に、意外と知らない、「正しい歯磨き」の新常識をお聞きしました。 ■食後“18時間”がポ...
【医師に聞く】私の口臭ってる?!口臭チェック方法〜口臭の種類別対策

【医師に聞く】私の口臭ってる?!口臭チェック方法〜口臭の種類別対策

(全5枚) 自分でできる簡単口臭チェック方法 「自分に口臭があるかも?」と思っても、よほど親しくない限り、他の人から指摘されることもないので、自分ではなかなか自覚しにくいと聞きます。そこで、自分でできる簡単な口臭のチェック方法のようなものがあれば、教えていただけますか。 「簡単にできる口...
「便秘でぽっこりお腹」をすっきりに導く、3つの習慣と3つの栄養素

「便秘でぽっこりお腹」をすっきりに導く、3つの習慣と3つの栄養素

気がつくとお腹が張って服のウエストに余裕がない......。太った?いえ、それは便秘のせいかも。ぽっこりお腹の原因は、水分不足や腸内細菌のバランスなどさまざまです。 PhotobyGettyImages薬ですっきりするのも手ですができれば自然に出したいもの。見直したい生活習慣と、意識して摂りたい栄養素を紹介し...
ベースコートは実はNG? 爪がもろくなる原因8つ

ベースコートは実はNG? 爪がもろくなる原因8つ

塗りたてのネイルをキレイに保てないのは、食事、スキンケア、ポリッシュが原因かもしれません。 実年齢より老けて見える原因、意外なのは手 実際の年齢よりも老けて見える原因はたくさんあります。ちょっぴり例を挙げるなら、肌のシワ、日焼けによるシミ、目の下のクマなど……。そんな加齢のサインを最小限に...
医師直伝!汗臭いニオイの原因と内側から改善する対策法

医師直伝!汗臭いニオイの原因と内側から改善する対策法

(全4枚) 暑い季節や緊張する場面で、気づくと身体が汗臭くなっていたという経験のある方は多いでしょう。汗自体が臭いものだと思っている方もいるかもしれませんが、実は汗自体はもともと無臭なのです。 では、なぜ独特のニオイを発するようになるのでしょうか。 汗のニオイの原因や対策方法について、美容外...

関連キーワード

キーワードから話題の記事を探す。

コメント(0)

名前
コメント
※必須

キーワードで検索

メニュー

人気カテゴリー

今、話題のキーワード

最新コラム

最新書き込み

月間アーカイヴ

http://girl-trend.com