また今年も悩むの…? 花粉の温床って実はアレ。プロが教える対策4つ|女子の流行ちゃんねる がるとれ

また今年も悩むの…? 花粉の温床って実はアレ。プロが教える対策4つ

美容ライター玉絵ゆきのがお届けする連載第17回目は「花粉」の話。2月も中盤に差し掛かり、本格的な花粉シーズン到来前に知っておきたい花粉ケア。今や国民病と言われる花粉症トラブル解消の秘訣はずばり「髪」にあるんです!ヘアケア製品の総合メーカー『デミコスメティックス』の担当者の方に、対策をお聞きしました。

洋服や肌だけじゃない!花粉は「髪」にもベッタリついています。


また今年も悩むの…? 花粉の温床って実はアレ。プロが教える対策4つ

【tamaebeauty】vol.17

今や日本人の約4割が花粉症と言われている現代。気温が上がるにつれ、マスクやめがねで鼻やのど、肌への対策はしていても髪や頭皮は無防備なままという人も多いのでは。実は、髪や頭皮にも花粉は付着するもの。花粉は突起のある形をしているため、衣服の繊維や髪の毛に引っかかりやすくなっています。

特に髪は花粉の温床となっているので、しっかりケアしましょう!

花粉をまとわせない、対策4つ。1、スタイリング剤はさらさらタイプを


また今年も悩むの…? 花粉の温床って実はアレ。プロが教える対策4つ

髪のスタイリング剤は、しっとりタイプやべたつきのあるオイルだと花粉が付着しやすくなってしまいます。花粉ケアの観点では、さらさらとした使用感のスタイリング剤がおすすめです。

2、ヘアアレンジはできるだけタイトに!


また今年も悩むの…? 花粉の温床って実はアレ。プロが教える対策4つ

ロングヘアやダウンスタイルは、花粉が髪につきやすくなってしまいます。春先は、できるだけタイトなまとめ髪にして髪の面積を少なくすると。前髪もおろさず、ポンパドールなどの工夫を。鏡を見てアレンジしてみると新しい自分に会えるかも

3、帰宅後はすぐにブラッシング


また今年も悩むの…? 花粉の温床って実はアレ。プロが教える対策4つ

帰宅後や外出先から戻ってきたら衣服についた花粉を落とそうと、すぐブラシをかける人も多いはず。そのときは、髪も忘れずにブラッシングを。室内に花粉を持ち込まないために髪にも気を配ることが大切です。

4、髪の内部にも花粉は入り込む!トリートメントでダメージケアを。


また今年も悩むの…? 花粉の温床って実はアレ。プロが教える対策4つ

ダメ―ジが進行した髪は、キューティクルが常に開いているので突起のある形をしている花粉が付着しやすい状態。そのまま内部まで入り込むとさらにダメージが進行してしまいます。泡立ちのよいシャンプーでしっかり洗い流したあとは、トリートメントで髪の外側を保護しましょう。それだけで、花粉から髪を守ることができます。

おすすめは油分が少ないミルクタイプ


また今年も悩むの…? 花粉の温床って実はアレ。プロが教える対策4つ

ウェーボジュカーラミルキーモイスト100g2,700円(税抜)。

おすすめのヘアトリートメント剤は油分が少ないミルクタイプ。油分が少ないのでべたつきにくく、さらさらっと仕上ります。「ウェーボジュカーラミルキーモイスト」はアーモンド油、はちみつなどが配合されてとっても良い香り

今年も花粉に悩まされないよう、ぜひ実践してみてください!

(C)PeopleImages/Gettyimages(C)bowie15/Gettyimages(C)SolStock/Gettyimages(C)vadimguzhva/Gettyimages


また今年も悩むの…? 花粉の温床って実はアレ。プロが教える対策4つ
外部サイト 下手くそ〜…男が内心バカにしている「NG眉毛」と美しい描きかた|STOP!大間違い美容#14 男ウケと女ウケの違いはコレ!男女の視点で見た“カワイイ”コーデ68 ヤリすぎ厳禁…実は肌にすごく悪い「大間違い美容ケア」|STOP!大間違い美容#13 「花粉症」をもっと詳しく

鼻づまり女子必携の花粉症対策アイテム「北見ハッカ通商」 鼻ストレスの低い「保湿ティッシュ」6商品を比較したみた 花粉症によるくしゃみで死傷事故高校教諭に禁錮3年、執行猶予4年の判決

この話題の関連記事一覧

「また今年も悩むの…? 花粉の温床って実はアレ。プロが教える対...」に関連した記事の一覧です。

さまざまなシーンで使える最強の美容ツール「ティッシュ」の活用法

さまざまなシーンで使える最強の美容ツール「ティッシュ」の活用法

美容ライター玉絵ゆきのがお届けする連載第11回目は「ティッシュオフ」の話。私たちの身近にあり、最強の美容ツールと呼べる「ティッシュ」。朝のメイク時に使用すれば、1日のメイクのモチをグンと良くし、メイク直し時にも最高なパフォーマンスを発揮してくれます。さまざまな場面に使える、ティッシュオフの...
【秋の美肌作り】美容ライター推し! メイク即落ちクレジング名品3選

【秋の美肌作り】美容ライター推し! メイク即落ちクレジング名品3選

美容ライター・玉絵ゆきのがお届けする連載第2回目は、「クレンジングアイテム」の話。美容ライターとして活動して約3年、たくさんのクレンジングアイテムに出会いました。忙しいなかで美肌を保つには、優秀なクレンジングの力を借りてこそ。今回は、実際に使用して3回はリピートしているおすすめアイテムをご...
頭皮のかゆみの原因はシャンプーの仕方に 適切なシャンプーの方法

頭皮のかゆみの原因はシャンプーの仕方に 適切なシャンプーの方法

かゆみの原因はさまざまですが、まずは頭皮環境を整えるため、正しくシャンプーをすることが大切です。 頭皮のかゆみの原因は? 地肌の炎症がかゆみを引き起こす原因の一つですが、その炎症が起こる原因はなんでしょうか? 化学物質による刺激パーマやカラーリングは、髪の毛だけでなく頭皮にもダメージを与え...
マンネリな印象を即アップデート。束感をプラスする2018春のショートヘアの愉しみ方

マンネリな印象を即アップデート。束感をプラスする2018春のショートヘアの愉しみ方

(全5枚) スタイリング幅が少ないイメージのショートヘア。「髪を切らずに印象チェンジは難しい」と感じている方は少なくないと思います。しかしながら今春のスタイリングのトレンドは“束感”。髪を切らずとも“束感”を演出するだけでしっかり旬顔にアップデートできます。 そこで注目が、グッと大人っぽい印象...
おしゃれなのにガックシ。男性が「不潔」「嫌だな」と思う女子の髪&ヘアスタイルはこれ!

おしゃれなのにガックシ。男性が「不潔」「嫌だな」と思う女子の髪&ヘアスタイルはこれ!

出典:shutterstock.com 例えファッションがおしゃれにキマっていても、ヘアスタイルがキマっていなければ残念な印象になることも…。トレンドのヘアスタイルだと思っていても、実は男性から見るとガックシきてしまっていることもあるみたい。 今回は、男性がガックシしてしまう残念な女子の髪と、ヘアスタイ...
目指せマスク美人!マスクをしてても崩れないメイク方法とスキンケアのポイント

目指せマスク美人!マスクをしてても崩れないメイク方法とスキンケアのポイント

(全3枚) マスクによる摩擦や湿気でのメイク崩れ…… 花粉症やインフルエンザ、冬から春にかけてのこの時期はマスクが手放せなくなります。マスクを付けていると、マスクとのこすれや湿気によるよれでメイクは崩れやすくなってしまいます。そこで今回は、ヘアメイクアップアーティストの新見千晶さんがおすすめ...
乳液の効果的な使い方まとめ!お肌のうるおいテクからおすすめアイテムまで

乳液の効果的な使い方まとめ!お肌のうるおいテクからおすすめアイテムまで

(全2枚) 「乳液」は、乾燥を防いでうるおいたっぷりの肌にするためにも必要不可欠な存在。でも、パパッと適当なつけ方をしていたり、乳液が苦手でつけていない...なんて人も多いのでは?そこで今回は、乳液が持つパワーを最大限に高めるつけ方から、乳液嫌いも納得の隠れた名品まで、乳液の魅力をたっぷりとご...
ポーチに忍ばせて! 鼻づまり女子必携の花粉症対策アイテム

ポーチに忍ばせて! 鼻づまり女子必携の花粉症対策アイテム

(全9枚) 鼻水がつら〜い季節。花粉症のシーズンは確実に近づいてきています……!アレルギーの薬やマスクは当然準備するけれど、もっと手軽に対策できるグッズはないの!? 花粉症対策のおすすめグッズについて、ロフト広報の中川真理子さんにお話を伺いました。 ■北見ハッカ通商 北見ハッカの「ハッカ油ス...

関連キーワード

キーワードから話題の記事を探す。

コメント(0)

名前
コメント
※必須

キーワードで検索

メニュー

人気カテゴリー

今、話題のキーワード

最新コラム

最新書き込み

月間アーカイヴ

http://girl-trend.com